ログハウスにきてみれば・・ 2−2  

 
 「フキ」の大群である。                                                           
押し寄せてくると恐いものがある。                                                            
いくらフキが好きだからといってもこれでは多すぎる。                                                          
それよりも毎年、いわば「駆除」するのだが、根がはびこって根絶できない。                          
まさか北海道の「絶滅危惧種」ではないだろう・・。 
                                                                     
                                                                       


 

 見事・・と云うしかない。                                                             
しばしこの光景にあ然とする。人が生活しなくなるとこうなるのだろう。                            
洗濯物を干して置いておこうかな・・とも思う。パンツも干物になるかもしれない。くさやのひもの?                                             

雑木林だから草木の生長も早足である。 
                                                
                                                                                                 


 

 ・・というわけで、せっせとがんばるしかない。                                                             
しつこいフキの根が土の中に広がっている。これをたどって全部抜き取らないと又ふえてしまう。             
しかし隣近所のフキの花が咲いてタネが運ばれると同じか・・。                                             

一輪車に積んでは捨てるが、そこからもフキが堂々と生えてくる。その根性は見上げたものだが気にくわない。
                                                                      
                                                                                                 


 

 「継続は力なり」かもおしれない。                                                 
木の根っこもかなりしつこい。ノコと剪定バサミを駆使してきれいになっていく。                      
公園のような芝生のきれいさは好きではないのでこのぐらいがいいのかもしれない。                  
適度な下草はやはりあったほうがいい。
                                                                         
                                                                      


 

 こちらのほうも単なる勢いだけでやってしまった。                                          
見通しも良くなってきた。面白そうな下草は残さなければならない。チョウの食草もだ。                                          

たまたまイヌの散歩の人が通りかかった。声をかけてくれる。                                               
「大変ですねぇ〜」・・そう、大変です〜。
                                                                              

                                                                      


 

                Copyright (C) 2010 雑木林に暮らす All Rights Reserved.  ezoriss.com