ミヤマキリシマの旅−九重連山を登る 1−3  

     

 なかなかこの記事を「更新」しないので、まだまだ山頂にはほど遠い。
日程としては登山の初日は三俣山(みまたやま)、二日目が久住(くじゅう)山である。
そして久住山を下山後、温泉に浸かって疲れを癒してから、夕方(午後7時半ごろ)には福岡空港を発って沖縄に帰る予定になっている。
旅としては二泊三日の旅である。日程としてはそれほどきつくはない。

                                                                      


   

 迷うことなく「長者原登山口」から出発である。

あの有名な「坊がつる」は左だったが右に進む。
久住連山にはたくさんの山が連なる。その中の三俣山(1,745m)を目指す。
ミヤマキリシマの花の最盛期が見られるはずである。楽しみ・・楽しみ・・。
                                                                       


   

 三俣山登山は往復で約6時間を予定している。
まずは「すがもり越え」の「避難小屋」のあるところを第一の目標にした。
ちらほらとミヤマキリシマらしき花も見られた。それにしても岩場が多い。
                                                                      


     

 岩場と思っていたら急に笹原の平原に出くわす。
人が一人しか通れないほどの細い道を悠然とたどっていく。
                                                                      


 

               Copyright (C) 2010 雑木林に暮らす All Rights Reserved. ezoriss.com