タコノキ  2−2  

 

 タコノキの実である。
特にこちらでは珍しい木でもない。

木の標識には「オガサワラタコノキ」とかかれていた。

原産地は小笠原諸島になるのかな?タコノキといってもかなりの種類があるそうだ。
タコノキは根元の足にその特徴をもっている。
                                                                           


 

 タコノキは主に海沿いの街路樹や防潮林、公園などに植栽されている。

実は熟すと煮詰めて食べられるというが、真偽のほどは分からない。

アダンの実もそうだがヤシガニの好物かもしれない。
                                                                                


 

 この実で頭でもたたかれたらイチコロだ。
取っ手もついている。砲丸投げにもいいかもしれない。でもだれがやるかといえばだれもやらないだろう。
右のタコの足は見事である。いったい何本の足があるのだろうか・・スマートな足である。
ところでタコがあるのなら「イカは?」ということになる。
ないのだろうか・・??
                                                                       


 

               Copyright (C) 2010 雑木林に暮らす All Rights Reserved. ezoriss.com