アダンの筆‐その2    '14.1.31  (22-04 )



 

 「アダン筆」の専門店がここから車で30分ほどの所、読谷村(よみたんそん)と嘉手納町(かでなちょう)にある。

近いうちにそれら店に行って、現物を拝見しよう思っている。
それまではアダンについてのいろいろ・・です。
上の写真は完熟した果実、まさにパイナップルと見間違いそう。

この果実の小片の一つ一つも筆になる。

 

 

さて、アダンはアダンでも「タコノキ」と名前のついた同属別種のアダンがある。

幹はとてもスマートである。


      

 タコノキはスマートゆえに公園などに植栽されていることが多い。

根は「たこの足」だ、でも8本以上はある。

アダンとまったくかわりない気根なので、筆の原料になることは間違いない。

 

 その実の形はアダンの果実と少し違っている。

1枚目の写真と見比べるとよく分かる。

これも一つ一つの果実の小片は筆として使えることだろう。

特に完熟すると毛筆に利用できる繊維も多いそうだ。

 

 アダンは海岸の石灰岩などの上にも好んで自生している。

アダンとタコノキが入り乱れて生えている場合も結構多い。

 

 アダンの幹から子苗が生えてくる。

幹も繊維質豊富である。

インターネットを検索すると幹からも筆が作れるそうだ。

すべてで筆ができる・・ということだろう。

 

 <ブログ・アーカイブス>2012年〜



   ブログの過去記事(アーカイブス)は
    カテゴリー別に整理して、下記に載せました
                
     2012年の目次-1(←クリックできます)  
     
       2013年の目次‐2
              (↑クリックできます)
 
           
               

   



         

     カテゴリー別に分けています

 
            
     ドンねこ病院おじちゃん
   
  髪の毛の人生はまだまだ長いです
  エゾリスくんとも顔見知りになり
   ました
           
 
              カワセミ@旅人
              
       更新 記事

  ・ 薪ストーブ暮らしなんだけど `12.3/05

  
2014 年1月〜
 ・
2014年が始まった '14.1/01
 ・
とある海岸へ '14.1/03
 ・
雑木林のログハウス '14.1/07
 ・ WxpからMacへ
 '14.1/09
 ・ 薪と友だちエゾリスくん‐2
 '14.1/12
 ・ エゾリスは何匹なの
 '14.1/17
 ・ ニホンミツバチの巣を発見
 '14.1/19
 ・北と南のツルウメモドキ '14.1/21
 ・絵手紙のアダン筆 '14.1/27
 ・アダンの筆・その2 '14.1/31

 更新!
 ・塩づくりの体験工房
 '14.2/01

 ・ 未定 0/00
 ・ 未定 0/00







      ホームページ情報
 
ホームページへ

 ↑ ホームページの「雑木林に暮らす」に
  ジャンプします


さぽろぐブログにジャンプします

 ↑ 「さぽろぐブログ」の「雑木林に暮らす
  (Archives)」にジャンプします






  
2012年の目次‐1
   (↑クリックできます)
  ・2013年の目次‐2
   (↑クリックできます)

    *2013年の1月~3月までの目次分      
      が抜け落ちていました
          修正挿入しました
     

  
















































































































 


次のブログへ前のページに戻る
              ← 過去記事はこちらからでもどうぞ

Copyright (C) 2014 雑木林に暮らす BLOG/ All Rights Reserved. ezoriss.com